Skip to content

悪影響を与える危険な原子力発電と撤廃の働きの問題意識

何かと話題になりやすい原子力発電は、昨今では日本でも大きく問題視されたりしているようになっていますね。

原子力発電とはそもそも何なのか、ということを知らない人のほうが多く、特に原子力発電は危険だ、原子力発電は撤廃するべきだという風に声高に言っている人ほど原子力発電についてを知らない人が多いのです。

原子力発電とは、文字通り原子力を利用して電気を生み出す発電システムのことを言うのですが、そもそも現在の電気はどうやって生まれているか知らない人も多いのではないでしょうか。

電気発電の多くは、何らかのエネルギーを利用することでタービンを回転させ、発電機を動作させることによって電気を生み出しているのです。

原子力の場合は、原子核分裂によって熱エネルギーを生み出すことによって高圧の水蒸気を発生させて蒸気タービンを動かすというような仕組みになっているのです。

さて、この原子核分裂という現象に必要なのがウランとプルトニウムなわけですがこのウランやプルトニウムという物自体が人体に対して悪影響を与える物なわけですね。

原爆と同じく、これを浴びることを被爆するといい放射能汚染という問題になるわけなのですが、本来原子力発電所のウランやプルトニウムを利用した核分裂反応は原子炉という場所で制御されているのです。

しかし、今回日本で問題になった放射能汚染や原子炉の破損というのは原子力発電そのものに問題があったわけではなく、原子炉のウランやプルトニウムを閉じ込めて安全にしておくための鉛の耐久性や、津波、地震に対する施設の安全性という物が図られていなかったことによって引き起こされた問題なのです。

現在も、原子力発電所の危険性を訴え撤廃の働きかけをしているような人々がいますが実はこれは安全な働きなどではなく寧ろ危険な行為なのです。

結局、そういった原子力発電所への無理解なデモは電力会社の経済を圧迫する結果につながります。

そうなると、原子力発電所の設備に回すだけの資金がなくなるわけです。

当然、資金がなくなれば耐久制度や安全性を講じるための設備整備が出来なくなるわけですね。

そうなれば、災害などによって破損する可能性が高くなりそうなってはより甚大な被害を生み出しかねないのです。

原子力発電所の危険性を真剣に考えるのならば、寧ろ原子力発電所に対しての安全対策をより推し進める方が結果的に危険から遠のくことになるのです。

無知なまま声を上げることは何より危険だということですね。

非常に重要と言う声もあがっている

原子力発電は、特に先進国では発電するための設備として非常に重要な物です。

しかし、昨今では原子力発電の危険性に過剰反応した人々のデモのせいでその国内発電のシェア率は格段に下がっています。

どのくらい下がったかというと、元々は国内の電気の3割近くを賄っていたにもかかわらず現在はおよそ2%と激減しています。

その分、石油などを利用した火力発電が4%から19%に、LNGを利用した火力発電が33%から凡そ47%に上昇して原子力発電が賄っていた電力を賄っているのです。

各地の原子力発電所が停止されたことで、原子力発電撤廃をうたう人たちは安心しているかもしれませんがこれは由々しき問題です。

火力発電の割合が大きくなったということは、それだけ消費される化石燃料の割合も大きくなったということなのです。

化石燃料を燃やすのは環境汚染や地球温暖化の原因となっていますし、何より化石燃料はあと何十年もすれば枯渇すると言われている資源なのです。

原子力発電は、火力発電よりもずっと少ない消費によって多くの電気を賄えていたにも関わらず風評により停止したことで結果的に環境汚染や地球温暖化を加速させているのです。

更に、当然ですが消費量に伴い電気代も上がっており結果的に自分の首を絞めているのがわかっていない人が多いことは大いな問題ですね。

床暖房を上手に使うと電気代が抑えられる

住宅を買う時に床暖房を検討する方が増加中です。しかし、設置のコストや月々の支払いが高いという理由で断念する方も多いのが現状です。今とどれくらい変わるのか、チェックしてみましょう。

実際に設置した方は「満足している」が多数

・空気が乾燥しない
・ホコリが舞わない
・足下が暖まり、体全体がぽかぽかする
・冷え性が改善した
・子どもが床に寝転んでも安心して見ていられる

某ハウスメーカーが実施したアンケート調査では、自宅に設置した方の多くがこの様なメリットを挙げました。「エアコンを使わなくなった」という意見も半数以上で、「電気代が減り、月々のトータルの支払い額は設置前と変わらない」という回答もありました。

製品ごとのメリットを知っておきましょう

床暖房には2種類があり、大まかに次のような違いがあります。

・ガス温水式:床下に這わせた管にお湯を流し、その熱で温める。15分程で指定した温度になり、切った後も温かさが残りやすい。

・電気式:床下に電熱線を這わせ、温める。30分〜1時間前から運転させて置く必要があり、スイッチを切ると冷めやすい。

設置費用と月々の使用量にも大きな違いがあります。6畳分を付けたい場合、ガス式は約65万円、電気式は30万円前後でOKです。一方ランニングコストは逆の構図で、電気式はエアコンの倍以上の電力を消費してしまい、決してお得とは言えないのが現状です。

タイマー設定とプラスアルファの対策で電気代を抑える

全ての製品にはタイマー設定機能が付いていますので、上手に活用しましょう。特に初めのうちに多い切り忘れ・付けそびれを防ぐことができます。さらに、温めたいお部屋の広さによってプラスする暖房器具を使い分ける方法がオススメです。

リビングなど広いスペースならばエアコン、寝室など狭いところにはオイルヒーターを一緒に使いましょう。2種類の器具を同時に付けるとなると、無駄遣いのように感じる方も居るかもしれません。しかし、どちらも控えめな温度設定にすることで、より安く、効率良く暖まることができます。

家族が集まるスペースや、温めたい時間などをイメージしてみましょう。量販店で1万円前後から扱っているという買いやすさも、オススメポイントの1つです。

電気代は、家計にとって大きなものです。原子力発電の問題がクリアになるまでは、利用料のアップダウンは続くと専門家も予想しています。ガス製品を併用して賢く上手に暖まり、お財布も体も冷え込まないようにしましょう。