Skip to content

原子力発電所の事故(引き起こされた人災の不勉強)

原子力発電は、より効率的な電気発電をすることができる施設として特に先進国の電力供給に多大な貢献をして来た発電システムなのですが、ウランやプルトニウムという危険な物質を使うということで事故による被害も多大な影響を与える物だとしてかなり危険性を伴う物でもあります。

実際に起きた原子力発電所の事故の中でも最も規模の大きなものと言えばやはりチェルノブイリ原子力発電所事故でしょう。

1986年に旧ソ連でのチェルノブイリにある原子力発電所の原子炉がメルトダウンを起こし、INESによって最悪の7レベルと判定された原子力事故とされています。

原子力発電所の事故の怖いところは、事故自体の発生よりも放射能被爆によって長期的な被害が出てしまうところなんですね。

日本国内でも、福島の原子力発電所もまたメルトダウンを引き起こしこちらも同様にINESによって最悪のレベル7と判定された原子力事故ですね。

こちらも、チェルノブイリほどは被害は出ませんでしたが放射能汚染やそれによってひき起こる風評被害なども問題視されましたね。

このどちらも、原子力発電が問題視されていますが何より職員の不勉強などによって引き起こされた人災だということに着目されていないことが何より問題ですね。