Skip to content

原子力発電の停止デモなどの事情

原子力発電所は、特に日本ではやはり今はあまりいい目では見られていませんね。

電子力発電所の事故でメルトダウンが起きたことで、放射能被爆者や死者が出てしまったことによって強く危険視されるようになってしまいました。

確かに、放射能汚染は深刻な被害をもたらす物ではあったのですが過剰に危険視するあまり、原子力発電所を停止しろというようなデモが起きたりすることで電力供給の弊害が起き電気代が一気に高くなるというような悪影響が原子力発電事故以外の場所でもある意味二次災害的な被害が起こっているのです。

昨今では、原子力発電のネガキャンなどもあちこちで行われておりやれ電力供給のパーセンテージが嘘だの、ありもしないようなことまでマスコミの陰謀説など合わせて必死に原子力発電の停止をさせようとするような一部の人が世間の意見を先導したりもしていますね。

原子力発電は利権が絡んでいるから、政府は止めないようにしているんだというようなことを言ってる人もいますが原子力発電停止を先導しているのも結局のところ石油利権関係の側の人間が絡んでいたりと止める側も決して安全だけをうたうためだけに行われていることではないなど原子力事情はかなり複雑ですね。