Skip to content

福島原発事故が呼んだ波及問題

福島の第一原子力発電所が事故によってメルトダウンを起こしたことは人々の記憶にまだ新しいことだと思います。

放射性物質の漏出により、放射能被曝が出たりと日本国内で非常に大きな影響を与えた事故でありますが、それ自体が起こした長期的な放射能被害もさることながら、それによって過剰な原子力発電所に対する危機意識の高まりも一種の問題でしょう。

まず、多くの人が原発に対して持ってる危機意識が的外れなことが多いということが特に問題です。

昨今では、原発撤廃や原発運転の停止などを求める運動が起こっていますが原発事故は確かに多大な被害を生む物ではあるのですが、そもそも原因が設備の不具合だとか、不完全性によっておこったものではなくすべては管理者の安全確認不足だったということを誰も着目していないのが恐ろしいことです。

よしんば、原子力発電所の停止をしたところで結局はそういった場所で仕事に従事する人間の管理意識などを改善しなくては結局火力発電だろうが、新しい発電システムを作ったところで危険性が常にはらんでいることには変わりないのです。

あくまで、そういった問題は手段によってひき起こるのではなく人のミスや注意不足で起こるということを考えなくてはいけません。