Skip to content

危険な放射能汚染と唯一の対策について

日本国内でも原子力発電事故が起こったことによって、福島では放射能汚染が深刻な問題となりましたね。

放射能汚染が危険なことであることは漠然とわかっていても、一体どういう風に危険なのかということが分かっている人は少ないでしょう。

放射能汚染というのは、放射性物質によって物質が汚染されることを言うのですが放射能に晒される=危険というわけではないのです。

そもそも、放射線というのは常に地球上に存在する物なのでちょっとでも晒されたら即危険というわけではないのですね。

環境や、人体への放射能汚染には放射線レベルや汚染レベルという物があり健康に全く影響がないレベルの物から生命に危険を及ぼすレベルなど差があるのですね。

しかし、プルトニウムから発生した放射線は特に高レベル汚染を引き起こす物なのです。

そういった放射能汚染の対策には、何より放射能汚染されている地域に近づかないようにするしかありません。

放射能汚染は、食物や動物、水や土などもも汚染しますのでその土地の物を手につけたり摂取したりすることも好ましくはないんですね。

一度被爆してしまうと、重度の物であれば治療は不可能ですので放射能汚染は被爆しないようにすることが最大にして唯一の対策です。