Skip to content

これから先の原子力発電所と発電システムはどうなるのか

昨今では、日本での原子力発電所への問題があちこちで騒がれていますね。

やれ、原発反対だの原発停止だのデモが起こったりしていて特に今はその影響が強く、日本国内の電力の3割を賄っていた原子力発電所は現在では2%にまで落ち込むというような状態となっています。

その分、メインである火力発電所の負担が大きくなっており化石燃料の消費量も上がっているので自然と電気代も高くなっているのですね。

今後、日本の原子力発電所がどうなるかどうかというのはこの風評被害をどうするかに関わって来ます。

発電関係の物は大きな利権が関わっており、特に原子力発電所というのは化石燃料の輸入業者や販売業者からすると非常に邪魔だったwかえですね。

つまり、今の状態というのはそちら方面の利権関係者からすると望ましい状態となっているわけです。

逆に、原子力関係の発電所利権に関わっている人間からすると今の状況は当然思わしくはないですよね。

つまりは、原子力発電所の必要性を説く事や安全確保のための人間の再教育システム、制度などを確立しない限りは原子力発電所の復帰は難しいでしょう。

そうなってくると、電気代は上り調子になるばかりで日本国内の経済状況も危ぶまれるというのが現状のままの将来でしょう。