Skip to content

エコかつクリーンな巨大風車の再生可能な風力発電エネルギー

日本では様々な発電システムを利用して電気を賄っているのですが、原子力発電や火力発電がやはり一般的ではあるのですがそれ以外でも日本の電力の一部を賄っている発電システムは幾つもあるのです。

その中でも特にエコかつクリーンな電力発電をする物と言えばやはり風力発電ですね。

この発電方法は、何といっても環境を汚すことなく自然の力を利用して電力を発電することができるので再生可能エネルギーとして注目されています。

巨大な風車をたて、風力によって風車を回させてタービンを回転させることで発電装置を動かすというような物となっているのです。

しかし、この風力発電は他の発電システムに比べると非常に発電量が少なくとても国の電力すべてを賄うことができるわけではないというところが最大のデメリットですね。

エネルギー密度が低く、また将来的にも風力発電をこれ以上効率化して経済性をより実現することはできないということで、これ以上進化することもなければ、電力のメインになり替わるようなこともないだろうと言われている発電システムなのです。

あくまで、1%にも満たないくらいの補助発電くらいしか賄うことができないというのが風力発電の現実であり現状なのです。